肝臓改善方法記事一覧

お酒で顔が赤くなる、そんな人が多くいますね。人によっては好意的に思われたり、お酒の断り文句などに使えるといった意見もありますが、基本的にあまり顔が赤くなることを歓迎しないという人のほうが多いようです。では、そもそもなぜ、お酒を飲むと顔が赤くなるのでしょうか?お酒の分解の工程お酒は体にとっては基本的に毒として認識されます。ですので、体は毒をなんとか抜こうと必死になるわけです。そこで活躍するのが『肝臓...

お酒を飲むと活躍するのが肝臓の解毒機能です。お酒を飲むとトイレが近くなるかと思いますが、それは、肝臓が懸命にアルコールを処理してくれている証拠です。逆にこの処理能力をオーバーするような飲酒量をしてしまうと、二日酔いなどのように翌日にアルコールを残してしまう症状に陥ります。そんな肝臓ですが、実はおつまみで二日酔いを予防したり、処理能力を上げることができます。そんな肝臓に良いおつまみをご紹介します。肝...

お酒の種類はどんなものがあるかご存知でしょうか?まず、前提としてお酒の種類は大きく分けて二つです。それは、醸造酒と蒸留酒と呼ばれるものです。醸造酒とは?醸造酒は原料を酵母により発行させて作られたお酒です。お酒の最初はほとんどがこの醸造酒です。蒸留酒とは?醸造酒を蒸留(揮発性成分を飛ばす)することによりつくられるお酒です。醸造酒、蒸留酒の見極め方は?醸造酒はイメージとして、その原料の味がしっかりする...

ビール腹なんて言葉があるようにお酒は飲みすぎると太るといったイメージがある方も多いのではないでしょうか?しかし、ビールも日本酒なども特に甘いわけではないですよね?かといってご飯のようにボリュームがあるわけではないのになぜ太るのでしょうか?そもそもなぜお酒で太るのか?前提として、アルコール自体が太る元ということはありません。太るのはどんな食べ物でも三大栄養素のうち、『炭水化物』を摂った場合だけです。...

肝臓は病気になったとしても痛みなどは感じにくい「静かなる臓器」と呼ばれています。しかし、何の兆候もないか、と言われるとそうではありません。というのも、肝臓は臓器の中でも最大の大きさがあり、更にその役割は体の中で一番多く、仕事量は500種類以上と言われています。ですので、肝臓の機能に障害が起きれば痛みはなくても、多くの兆候のような初期症状が出ることは考えられます。肝臓の病気になる前の初期症状怠い・疲...