お酒は太る?太らないお酒をご紹介

お酒は太る?太らないお酒をご紹介

ビール腹なんて言葉があるようにお酒は飲みすぎると太るといったイメージがある方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、ビールも日本酒なども特に甘いわけではないですよね?
かといってご飯のようにボリュームがあるわけではないのになぜ太るのでしょうか?

 

そもそもなぜお酒で太るのか?

前提として、アルコール自体が太る元ということはありません。
太るのはどんな食べ物でも三大栄養素のうち、『炭水化物』を摂った場合だけです。

 

ですので、お酒ではなくお酒に含まれる炭水化物が多ければ多いほど太りやすいお酒になるのです。

 

糖質が多いお酒

日本酒、梅酒、ビール、紹興酒など

 

この糖質が多いお酒かどうかのポイントはお酒の元になっているものが、炭水化物が多いものかどうかです。加えて、醸造(酵母の発酵によって作られているか)であるかもポイントです。

 

日本酒はお米、梅酒は糖質の塊である氷砂糖を大量に入っています、ビールは穀物である小麦です。

 

反対に太らないお酒を見ていきましょう。

 

糖質がほぼ0のお酒

焼酎、ウィスキー、ブランデー、ウォッカ、ジン、ラム酒

 

これらは、醸造したものを蒸留という過程でアルコール度数を強くしたものは、糖質がありません。あってもごくわずかというものがほとんどです。

 

太らないお酒は蒸留酒

太らないお酒の条件は基本的には蒸留酒であるか否かです。ですが、最近では糖質0である商品が増えていますので、そちらでも太ることはないでしょう。しかし、糖質0商品には人工甘味料や香料が含まれており、それがカラダに害がある可能性がある場合もあります。例えば人工甘味料は糖質がありませんが、体が糖質をとったと勘違いしてインスリンを分泌するといった可能性があるそうです。

 

ですので、そういったリスクを避けるのであれば、蒸留酒を飲むようにするといいかと思います。

 

 

ただし、お酒は『肝臓』に負担をかけます。
ですので、肝臓の機能をアップさせる食品やサプリメントを常日頃から摂取しておくとより太りにくい身体ができることが期待できます。

 

肝臓改善サプリメントランキング

関連ページ

お酒で顔が赤くなるのはなぜ?治す方法は?
お酒で顔が赤くなるのはなぜ?でしょうか。原因から治す方法までご紹介します。
肝臓に効く、お酒のおつまみは?
肝臓に効く、お酒のおつまみについてご紹介します。
お酒の種類、二日酔いしにくいお酒は?
お酒の種類、二日酔いしにくいお酒は?
肝臓の病気の初期症状
肝臓の病気の初期症状をご紹介します。